三叉神経痛に処方された葛根湯

三叉神経痛に処方された葛根湯

2013.04.12

<症例>
56歳 女性
Rp)------------------------------------------------------
プレドニン錠5mg  12T  1日1回朝食後   5日分
タケプロンOD15mg 1T  1日1回朝食後   5日分
-----------------------------------------------------------
バルトレックス錠   6T  1日3回毎食後   5日分
-----------------------------------------------------------
ツムラ葛根湯     7.5g 1日3回毎食後   9日分
メチコバール錠500μg 3T 1日3回毎食後   9日分
-----------------------------------------------------------
プレドニン錠5mg  10T  1日1回朝食後   4日分
タケプロンOD15mg 1T  1日1回朝食後   4日分
-----------------------------------------------------------
*プレドニンは60mg→50mgへ漸減指示

<文献報告>
三叉神経痛は、三叉神経支配領域に一致した部位に発作性激痛を繰り返す疾患であり、その痛みの強さは“king of pain”と称されるほどである。
治療はまず抗痙攣薬の内服および手術療法や神経ブロックが選択されるが、それらの治療法で寛解せず葛根湯の追加投与により良好な結果を得た報告が多数存在する。

葛根湯の主たる薬味である葛根の薬理学的主成分はフラボノイドである。薬理作用として解熱作用、鎮痙作用、アセチルコリン様作用、冠血管拡張作用、脳血流増加作用等がある。
麻黄は薬理学的主成分がアルカロイドとフラボノイドであり、薬理効果として鎮咳作用、中枢興奮作用、交換神経興奮作用、発汗作用、利胆作用、抗炎症アレルギー作用がある。
桂皮には温熱作用がある。

これらの総合作用により、三叉神経痛患者において圧迫を受けている神経の微小循環が改善し、興奮閾値の低いmechanoreceptorから発せられる過剰インパルスが減少するのかもしれないと考察されている。

また、中等度の痛み(特に口腔領域)に立効散が有用とする報告もあり、他に顔面口腔領域の疼痛に有効なものとして五苓散、柴胡桂枝湯などが報告されている。

<参考文献>
・三叉神経痛に対する葛根湯の投与経験.玉川進、小川秀道.漢方診療 Vol.14, No.2(1995), p24-25
・三叉神経痛に対する漢方薬の効果.青木秀啓.漢方医学 Vol.24, No.2(2000)p25
・口腔顔面領域の痛みに対する漢方療法.柿木保明.痛みと漢方 Vol.6(1996)p33-37
・頭顔部疼痛に対する漢方薬の使用経験.玉川進、小川秀道.痛みと漢方 Vol.5(1995)p60-62

© 2017 双和薬局