嚥下困難に対するポンタールの投与

嚥下困難に対するポンタールの投与

2015.02.20

<症例>
39歳女性
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(消化器科)
ポンタールシロップ3.25%  30ml
アルロイドG内用液5%    30ml
1日3回 毎食前       7日分

 今まで飲んでいた薬(錠剤、薬剤名不明)が食道にとどまっていたらしく、食道炎がおきているらしい。
ここ数日食事が喉を通るときの痛みもあり、食事を摂れていない状態。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<文献報告>
・食道がんの化学療法による食道炎、嚥下困難に対して早期から消炎鎮痛剤、粘膜保護剤が投与される。メフェナム酸シロップ(ポンタールシロップ)やスクラルファート(アルサルミン)、アルロイドGなどが用いられる。
・狭窄感や嚥下困難の症状は、摂食に影響を与え、低栄養状態に陥らせる要因となる。そのため、食事の際に、狭窄感や嚥下困難の症状を和らげて、食べられるようにすることが大切である。メフェナム酸は通常、上部消化管障害予防のため食後服用が勧められるが、嚥下痛を抑える目的で使用する際には食前服用に服用する。

今回のケースは食道がんではないが、同様の目的で使用されたと考えられる。

 〈参考文献〉
消化器BOOK06 第1章食道がん p.18-19 加藤健
日経DI 2012.08 服薬指導 PE001

© 2017 双和薬局